社員パスを使う人

会社のセキュリティ

きちんと社員証を作成するには

社員証は、会社に勤める人には当たり前にあるものです。その社員証は、IDカードとして作成されており、最近では学生証にもIDカードとして作成されています。これは、防犯意識の高まりとともに進化したもので、その社員証の中には、防犯機能がたくさん詰まっています。 社員証作成の際は、この手間を惜しまないようにするのが基本です。怠ると会社の機密がやすやすと盗まれる事態になります。 また、セキュリティの観点から、偽造防犯も欠かせないところです。これは、カードにパール加工など技術が施されたものです。 付け加えれば、カードを継続して使うための耐久度も、注意に入れていると良いです。イベント時に使うような短期使用の証明書ではないため、何年も使用可能な、長持ちする物が必要なのです。

知ってお得な作成テクニック

社員証を作成するには、防犯上の技術が必要ですが、金額も気になるところです。社員証だけに、その数は一枚二枚では済まない数になります。特に大手になると人数が多く、その費用は莫大になることもあります。 そのため作成業者では、値段の適切さや安さをうたったり、無料見積もりもおこなっています。デザインの多様性を含めて、お得感をうたう業者もあります。また、社員証には顔写真も必要ですので、その綺麗さをうたった業者もあります。 とはいえ、まずは見積もりと迅速さに重点を置くとよいです。なぜなら、会社は途中入社があるためです。途中入社は急な事が多く、予算も準備も短期的です。そのため、素早くできる柔軟な業者が便利なのです。 もちろん、これらの作成会社には、社員証を入れるネットストラップやカードケースも手に入れられます。ホームセンターによっては、ネットストラップもカードケースも販売していますが、作成業者の方が値段も物も、お手軽に手に入れられます。

ピックアップ

完璧に守る

社内でのネットワークは、機密文書のような内容のやり取りが残っている可能性が高いです。そういった時は、ネットワークのセキュリティを高くして機密内容のものは流出しないように処理しましょう。

ルールづくり

ISO39001を取得するなら、鍵はルール作りにありだという点を無視できません。国際規格に沿った決まりを自社に合わせて取り入れていくことで、不具合の修正を行いながら批准を目指せるようになるといわれています。

規格を取得

国際規格ISOを取得すること。それが重要だと言われています。それは世界に認められ、信頼される企業になるためのものであるだけでなく、企業自体がより良いものになろうとする取り組みのひとつです。

システムを整える

機密文書の管理や処理を行なうためには、システムをしっかりと整えておくことが必要になります。怠ってしまうことによって流出を招く恐れがあるので、このような事にならないよう管理を行っておきましょう。